これから住む家や町です

滞在先(寮やホームステイ先など)到着したらしておくべき事が幾つかあります。
■   滞在先に到着後にすぐに行なうこと
 ① 住む部屋が決まったら
  □ 事前に荷物を宅配で送っていた場合は、荷物が届いているか確認をします。

お掃除
□ 滞在先のルールの確認をします。
  寮やホームステイ先などに到着したら、まず次のことを確認します。
  食事の時間、シャワーやトイレの使い方、洗濯、門限、学校への通学
  ルートなど。ルールの確認をしてトラブルの起こらないようにしま
  す。うまくコミュニケーションができない場合は、筆談(紙に書いて
  もらう)などの方法で確認します。
□ ホームステイの場合、部屋の片づけが終わり時間に余裕ができたら、
    お土産等を家主に持っていき、理解が不十分な項目を再度確認します。
 ② 学校に行ってみる。
  □ 出来れば、市内の地図を購入します(日本から持っていくとよい)。
  □ 学校までの時刻表、交通経路、通学時間、乗り物の経路、金額等を確認します。
  □ 学校内の教室、教務員室、学生課、売店、ジム、図書館などを確認します。
 ③ 学校での受講講座の登録準備をする。
  □ 講座の登録のシステムは学校によって異なりますので、登録のしかたは資料やオリエン
    テーションで説明があります。
  □ 講座のカタログやコーススケジュールをオンラインで公開している学校や、登録をオン
    ラインでできる学校もありますが、基本的には留学生アドバイザーやアカデミック・ア
    ドバイザーとよく相談し、講座の内容や登録方法、授業の開始や教室番号などについて
    の情報を事前に入手しておきます。
 ④ 街を歩いてみる
  □ 時間に余裕ができたら、必ず観光用の地図(留学国・全図、滞在地・地図)を買い、駅
    やバス停を始め、郵便局、銀行、スーパーマーケット、ニュース・エージェント(新聞
    や雑誌、テレホンカードなどの小売店)、薬局など、日常生活でよく利用する場所をチ
    ェックしましょう。
  □ 夜の外出はしないようにします。どこに危険が待っているかわかりません。
  □ 通学に電車やバスを利用する人は、実際に乗ってみて、切符の買いかた、車内の様子、
    所要時間などを確認しておきましょう。
  □ 日本から持ってきた観光本をよく見て観察しましょう。
  □ 道に迷うこともあります。必ず、東西南北は確認しておきましょう。
 ⑤ 列車とバスをじょうずに使う
  □ 公共の交通機関を利用するときは、必ず目的地までの切符を買ってから乗ります。主要
    路線の列車や地下鉄では、しばしば車掌が検察に回ってきます。目的地までの切符を所
    持していないと、その場で罰金が課せられます。また、公共交通機関のほとんどが、禁
    煙になっています。
 ⑥ 長期留学生は、学校が指定する学生組合 に登録しよう
  □ 組合員証を持っていると、学生割引が受けられます。買い物や映画館、ヘルスセンター
    まで、ほとんどの場所で割引が聞くので、長期留学をする人は、ぜひ登録しましょう。
 ⑦ 国際学生証(International Student Identity Card)も同様です。

三井住友VISAカード

格安航空券を比較

格安航空券

旅行予約のエクスペディア

アマゾンの書籍

[提供]
KEITOMO,Inc.