留学先で

滞在先(寮やホームステイ先など)到着したらしておくべき事が幾つかあります。
■   滞在先に到着後にすぐに行なうこと
 ① 住む部屋が決まったら
  □ 事前に荷物を宅配で送っていた場合は、荷物が届いているか確認をします。

お掃除
□ 滞在先のルールの確認をします。
  寮やホームステイ先などに到着したら、まず次のことを確認します。
  食事の時間、シャワーやトイレの使い方、洗濯、門限、学校への通学
  ルートなど。ルールの確認をしてトラブルの起こらないようにしま
  す。うまくコミュニケーションができない場合は、筆談(紙に書いて
  もらう)などの方法で確認します。
□ ホームステイの場合、部屋の片づけが終わり時間に余裕ができたら、
    お土産等を家主に持っていき、理解が不十分な項目を再度確認します。
 ② 学校に行ってみる。
  □ 出来れば、市内の地図を購入します(日本から持っていくとよい)。
  □ 学校までの時刻表、交通経路、通学時間、乗り物の経路、金額等を確認します。
  □ 学校内の教室、教務員室、学生課、売店、ジム、図書館などを確認します。
 ③ 学校での受講講座の登録準備をする。
  □ 講座の登録のシステムは学校によって異なりますので、登録のしかたは資料やオリエン
    テーションで説明があります。
  □ 講座のカタログやコーススケジュールをオンラインで公開している学校や、登録をオン
    ラインでできる学校もありますが、基本的には留学生アドバイザーやアカデミック・ア
    ドバイザーとよく相談し、講座の内容や登録方法、授業の開始や教室番号などについて
    の情報を事前に入手しておきます。
 ④ 街を歩いてみる
  □ 時間に余裕ができたら、必ず観光用の地図(留学国・全図、滞在地・地図)を買い、駅
    やバス停を始め、郵便局、銀行、スーパーマーケット、ニュース・エージェント(新聞
    や雑誌、テレホンカードなどの小売店)、薬局など、日常生活でよく利用する場所をチ
    ェックしましょう。
  □ 夜の外出はしないようにします。どこに危険が待っているかわかりません。
  □ 通学に電車やバスを利用する人は、実際に乗ってみて、切符の買いかた、車内の様子、
    所要時間などを確認しておきましょう。
  □ 日本から持ってきた観光本をよく見て観察しましょう。
  □ 道に迷うこともあります。必ず、東西南北は確認しておきましょう。
 ⑤ 列車とバスをじょうずに使う
  □ 公共の交通機関を利用するときは、必ず目的地までの切符を買ってから乗ります。主要
    路線の列車や地下鉄では、しばしば車掌が検察に回ってきます。目的地までの切符を所
    持していないと、その場で罰金が課せられます。また、公共交通機関のほとんどが、禁
    煙になっています。
 ⑥ 長期留学生は、学校が指定する学生組合 に登録しよう
  □ 組合員証を持っていると、学生割引が受けられます。買い物や映画館、ヘルスセンター
    まで、ほとんどの場所で割引が聞くので、長期留学をする人は、ぜひ登録しましょう。
 ⑦ 国際学生証(International Student Identity Card)も同様です。

海外に出かけるとまず重要になることは「お金の管理」と「パスポート・Visa関係」の書類の扱いです。特にお金に関しては多額な現金と小銭です。チップ制度のある国では財布の中には小銭を絶えず持っていなければなりません。厄介ですがこれがお国柄と理解して生活をしましょう。
■ 日本からの送金方法
 ● ジェーシービーの「JCB送金名人」、ロイズTSB銀行東京支店の「Goロイズ海外送金サー
   ビス」を利用すれば、海外に簡単に送金できます。
 ● 日本の都市銀行に本人(留学生)の口座を(持っている人はその口座を使い)作り、留学
   国で使える国際キャッシュカードを作り持っていく(日本の銀行が留学国の都市にある銀
   行と提携しているか確認をする必要有り。そこの銀行からキャッシュを引出す)。残高が
   無くなれば日本の留学生本人の口座に入金するだけで済みます。
 ● 両替は、銀行や一部の郵便局、両替所(Bureauxde Change)でできます。両替所は、
   ホテル内や空港、メインストリートなど、さまざまな場所にあります。(銀行や両替所な
   ど、両替をおこなっているところでは、交換レートや手数料を明示することが義務づけら
   れています)
 いずれにしても、銀行引き出し、両替にかかる手数料の金額の違いです。出来れば簡単で手
 間のかからない方法を友人に聞いたりして選ぶのが一番安いでしょう。
■ 銀行口座の開き方
 ● 外国には、日本のような「預金口座の種類は当座と普通だけ」という概念はなく、いろい
   ろな幅広い金融商品があります。最近では、当座預金と普通預金の中間のような種類が
   あり、小切手も使え、利息が付くタイプの口座も出てきています。
 ● 銀行口座を開くには、身元を証明するために、パスポートや写真つきの身分証明書、学校
   からの入学許可書が必要です。必要書類をそろえたら、申請書に記入して銀行窓口に提
   出、手数料は不要で、最初に口座に入金する額は、いくらでもかまいません。口座を開設
   するときには、忘れずに小切手帳とキャッシュカードを作ってもらうようにしましょう。
 ● 口座を開いたあと、気をつけてほしいのは、自分の口座の残高管理です。最近、口座保有
   者(特に学生)の残高が少ないのに、カードなどの使いすぎが目立つため、銀行側も神経
   を使っているようです。残高管理がルーズだと、口座の利用を凍結されることもあるの
   で、十分に注意してください。

■   長期留学する人は「在留届」を提出しましょう
 ● 外国に3か月以上滞在する日本人は、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に、
   氏名をはじめパスポート(旅券)番号、連絡先などの「在留届」を提出しなければなりま
   せん。在留届を出しておくと、留学生は、日本政府の行政サービスや緊急連絡を受けるこ
   とができ、政府が所在確認をするときなどに役に立つので、外国に長期留学する人は、で
   きるだけ早く提出しましょう。
 ● 在留届の用紙は、大使館または総領事館の窓口、郵送(切手を貼った返信用封筒を同封)
   で入手できます。また、外務省のウェブサイト(www.mofa.go.jp)にアクセスして
   「在留届」で検索すれば、内容や提出方法が記載されていますし、用紙もダウンロードで
   きます。また、オンラインでの提出も可能です。

■  「安全最優先」の行動ををする
  英語圏の国は、比較的治安がよいのですが、どこも安全というわけではありません。注意
  しなければならないことは、日本と同じです。特に、次の点に十分に気をつけましょう。
 ● 鍵は絶対にかける(家、自転車等)。
 ● バッグはひも付きのもの(日本で買った)を使う。ひもは必ず肩に十字に背負うようにし
   ます。また、道路を歩くときには、バッグは車道側に垂らさない様にします。
■ 現金を扱う場所は特に要注意
 ● 銀行の現金自動支払機を利用するとき、レジでお金を支払うとき、乗り物の料金を払うと
   きなど、人前で財布を出すときには、背後で誰かが見ているかもしれないということを、
   常に意識しましょう。一般的に、人前で財布の中身を確かめるのは非常識な行為で、友達
   など、親しい人の前でも避けましょう。
 ● 銀行へ夜間、行くのはやめましょう、一番危険です。昼間の人通りの多い時間帯にしま
   す。
 ● 滞在先で安全に生活するためには、まず家のカギを必ずかけること。外出するときはもち
   ろん、不振な侵入者を中に入れないよう、家にいるときでもカギは絶対にしておきます。
   仮に、「カギをかけ忘れてドロボーに入られた」としても、自業自得とみなされるだけで
   盗むより、盗まれる環境をつくったほうが悪いとされてしまうことを心得ておきましょ
   う。
■ 外国人は狙われやすい。
  一人暮らしをする人(特に女性の場
  合)は、ネームプレートをかけない
  とか、「Mr&Mrs. Aoki」にするなど
      の工夫をしましょう。
  □ 自分の部屋にはなるべく人を招
    くのはやめます。
    友人でも気をつける。危険はど
    こにあるかわかりません。
  □ ジョギング中のヘッドホンステ
    レオは、周りに注意が払われな
    くなるので危険。また、電車の
    中ではほとんど誰も話しはしま
    せん。
    電車や街中で、大声で話をする
    のはマナー違反です。ショッピ
    ングのとき、むやみに物に触れるのも非常識。買う意思のない場合は、注意されること
    もあります。
  □ 町で見知らぬ人との接触に注意すること:日常生活をする場合、見知らぬ人と接近する
    場面はたくさんあります。道を歩いているとき、電車に乗っているとき、ショッピング
    をしているとき、エレベーターに乗っているときなど、隣やすぐ後ろに人がいてもおか
    しくない状況がたくさんあります。必要以上に気を使うことはありませんが、日本と違
    うという緊張感を持って行動しましょう。

■  「緊急事態」が発生したときの対処法
  不測の事態は、思いがけないときにやってくるもの。アクシデントが起こったら、まずは自
  分が落ち着いて、早く誰かに知らせましょう。日ごろから、自分の健康管理はもちろん、周
  りに住む人たちとコミュニケーションをとっておくことも大事です。
 ● 緊急時
  □ 国別緊急電話
   ◎ アメリカの緊急時には“911
      警察・消防・救急共通です。救急に関してはパブリック911とプライベートがあ
      り、プライベートは運搬してもらう病院を指定できます。電話帳で“ambulance”
      の項に記載されています。
   ◎ イギリスの緊急時には”999“(トリプル・ナイン)
     ダイヤルすれば、パトカーも消防署も救急車もやってきます。公衆電話でも、お金を
     入れなくてもつながります。大切なのは、どこで何が起きているか、正確に伝えるこ
     とです。急病などの場合は、言葉の問題もあるので、友達や隣人に頼んで電話をして
     もらいましょう。
   ◎ オーストラリアの緊急電話番号(Emergency Call)は“000”
 
    万が一、緊急事態が起こったときは、「000」をダイヤルして、まず警察
     (police)、消防(fire)、救急車(ambulance)のどれかを呼びたいかを伝え、地
     域名をいう。
     すぐに最寄りのステーションに転送してくれるので、落ち着いて住所と状況を伝え
     ます。
   ◎ カナダの緊急時は“911
     警察・消防・救急共通です。
   ◎ ニュージーランドの緊急時は“111
     警察・消防・救急共通です。
■ 盗難にあったら・・・・
  万が一、盗難の被害にあったら、すぐに警察に被害届けを出しましょう。また、路上で強盗
  に「金を出せ」と脅されたときは、おとなしく出したほうが無難(お金は財布以外にも入れ
  ておきましょう)です。
  保険の適用を受けたり、盗まれたパスポートを再発行したりするときは、警察の盗難届受理
  証(Theft Report)が必要になります。
■ T/Cやクレジットカードを紛失したら・・・・
  T/C(トラベラーズ・チェック)やクレジットカードなどをなくしたら、出来るだけ早く発
  行会社に連絡を取ります(前もって、必ず番号を控えておくこと)。
  再発行を希望する場合は、念のため、警察の紛失届受理証を持っていくこと。
■ パスポートをなくしたら・・・・
  もしパスポートをなくしたら、日本総領事館(Japanese Consulate)に届け出て、早急に
  発給の手続きを取ります。
  紛失時の旅券発給手続きには、発給申請書のほかに、盗難届、戸籍謄本(抄本)、警察等か
  らの証明書、写真2枚(タテ4.5mm×ヨコ3,5mm)などが必要です。
■ 落し物をしたら・・・・
  滞在先に着いたら、まず最寄りの警察署の所在地をチェックします。
  落し物をしたり、トラブルにあったりしたときに、必ずお世話になるからです。
■ 病気・ケガをしたら・・・・
  留学国の学校で病気・ケガをした時の対応を確認しておきましょう。医療センターがある学
  校では、そこで診察を受けることができます。
  また、日本で加入した保険会社の連絡先を確認しておきます。

三井住友VISAカード

格安航空券を比較

格安航空券

旅行予約のエクスペディア

アマゾンの書籍

[提供]
KEITOMO,Inc.