2001_0713_164242-DSC00054-toriminngu.jpgヨーク城壁付近

「留学イン」へようこそ

♥♥♥ 留学イン」は留学をめざす方々への応援サイトです ♥♥♥
「海外の学校で勉強ををしたい!」、
「海外に住み、英会話の勉強をしながら観光や小旅行を楽しみたい!」
と考えている方々への「留学入門」サイトです。
 
       ♥  英語圏は                留学の選択
            アメリカ・ハワイ        語学学校
                          2年制大学
             イギリス            専門学校
                                大学  
             オーストラリア          大学院

             カナダ

            
ニュージーランド

           
      ♥  サイトの構成
   留学イン・サイトの構成は、留学準備から始まり。留学スケジュールに沿った流れでペー
   ジを構成しております。

   まだ書き足りない部分や皆様がもっと知りたいと思われる部分はあるかと思いますが、あな
   たのこれからの留学準備に役立たせていただければ幸いであります。

 【重要】



     「留学イン」は、皆様に「英語圏留学とは!」にお答えする留学入門サイトです。
 

留学するための英語の試験について

英語圏の大学・大学院などの高等教育機関に留学をするためには、英語試験を受験する必要があります。具体的には、TOEFL、IELTS、英検、ケンブリッジ英検などのことを言います。

2013年9月4日にTOEFLのテスト主体団体でアメリカ合衆国ニュージャージー州Princetonに本部があるEducation Testing Service (ETS)が、TOEFL iBTテストを利用する大学・高等教育機関などの合計が全世界で9,000校(団体)以上になったと発表しました。

TOEFL(トフル、トーフル)とはTest of English as a Foreign Languageの略称で、大学などの高等教育機関の学業で必要になる、(読む、書く、聞く、話す)4項目をバランスよく取り入れている試験です。つまり総合的に英語スキルを判定するテストといえます。

現在アメリカ合衆国(米国、USA)、イギリス(英国、UK)、カナダ(加、Canada)、オーストラリア(豪、Australia)、ニュージーランド(新西蘭、New Zealand)などの英語圏のみならず、アジアやヨーロッパなどの130カ国以上の大学・大学院などの入学審査に利用されています。もちろん、世界のトップユニバーシティ(一流大学)でも採用しています。

上記のTOEFLのように、英語圏のUniversityなどに留学するための英語試験がいくつかあります。そのために、あなたはどれを選択して良いか迷われることでしょう。ここでの重要なポイントは、TOEFLのみならず上記のいくつかの英語試験と自分・自分の進学先(国や大学など)の相性が一番良いテストを選択されると良いと思います。

留学はじめの一歩

留学はじめの一歩

近年、日本国内においてもグローバリゼーション(Globalization : 国際化)が普及してきました。そのために現在、グローバル人材の共通点である現場で使える英語力、異文化の理解力、グローバルなリーダーシップ能力と日本DNAの融合などといった事がとても重要になってきました。

具体的には、プレゼンテーション、情報開示、企業・事業内容評価(Disclosure : ディスクロージャー)などの能力も一段と問われるようになりました。

また、グローバル人材になるためにさらに求められるスキルとして、ロジカルシンキング、プレゼンテーションスキル、コンセプトを売るスキル、クリエイティブシンキング、中長期のビジョン構想力などが求められるようになりました。

 
 
 

留学の必需品



しかしながら、これらはいずれも日本人にとっては苦手な分野でしょう。

 

これらのことができるようなあなたになれるために、海外留学や海外企業研修などを通して、とても良い解決策になることと思われます。

当ホームページ「留学イン」では、あなたの留学を応援しています。

三井住友VISAカード

格安航空券を比較

格安航空券

旅行予約のエクスペディア

アマゾンの書籍

[提供]
KEITOMO,Inc.