留学するための英語の試験について

英語圏の大学・大学院などの高等教育機関に留学をするためには、英語試験を受験する必要があります。具体的には、TOEFL、IELTS、英検、ケンブリッジ英検などのことを言います。

2013年9月4日にTOEFLのテスト主体団体でアメリカ合衆国ニュージャージー州Princetonに本部があるEducation Testing Service (ETS)が、TOEFL iBTテストを利用する大学・高等教育機関などの合計が全世界で9,000校(団体)以上になったと発表しました。

TOEFL(トフル、トーフル)とはTest of English as a Foreign Languageの略称で、大学などの高等教育機関の学業で必要になる、(読む、書く、聞く、話す)4項目をバランスよく取り入れている試験です。つまり総合的に英語スキルを判定するテストといえます。

現在アメリカ合衆国(米国、USA)、イギリス(英国、UK)、カナダ(加、Canada)、オーストラリア(豪、Australia)、ニュージーランド(新西蘭、New Zealand)などの英語圏のみならず、アジアやヨーロッパなどの130カ国以上の大学・大学院などの入学審査に利用されています。もちろん、世界のトップユニバーシティ(一流大学)でも採用しています。

上記のTOEFLのように、英語圏のUniversityなどに留学するための英語試験がいくつかあります。そのために、あなたはどれを選択して良いか迷われることでしょう。ここでの重要なポイントは、TOEFLのみならず上記のいくつかの英語試験と自分・自分の進学先(国や大学など)の相性が一番良いテストを選択されると良いと思います。

三井住友VISAカード

格安航空券を比較

格安航空券

旅行予約のエクスペディア

アマゾンの書籍

[提供]
KEITOMO,Inc.