アメリカの学生ビザの取得方法

留学をする人は学生ビザの取得が必要です。
ビザは、在外公館(大使館、領事館など)が発行する「入国推薦状」です。滞在許可(在留許可)ではありません。滞在許可(入国の可否、滞在期間)は米国税関・国境保護局(CBP : U.S. Customs and Border Protection)で行います。
ビザは米国移民国籍法(Immigration and Nationality Act)とその施行規則に基づいて発行されます。その法律や規則は頻繁に改正されますので、ビザ申請に関してはビザ取得直前に米国大使館のウェブサイトで確認をすることが必要になります。


■ ビザの種類
 ● F-1(学生ビザ): 大学・高校・語学学校で学ぶ留学生。
 ● J-1ビザ: 高校生の交換留学や大学の交流訪問者プログラム。
 ● M-1ビザ(専門学生ビザ): 専門学校その他の公認非学術機関で学ぶ学生。
■ 申請に必要な書類
 ① パスポート: 現在有効なものと過去10年間に発行されたパスポートのすべて。
 ② オンラインビザ申請書DS-160: オンライン送信をする。
 ③ カラー写真: 5㎝×5㎝で背景は白。6か月以内に撮影されたカラー写真。
 ④ ビザ申請料金の支払済証明; ビザ申請料金$140を、日本円で支払う。払い戻しは不
   可。
 ⑤ 返信用封筒レターバック500(プリペイド封筒): ビザは面接当日に発給されません。パ
   スポートやその他の書類は後日で郵送されるので、住所を明記したレターパックを準備す
   る。
 ⑥ 面接予約確認書: 面接予約確認書は申請者それぞれに必要です。
 ⑦ クリアファイル: 上記のすべての書類を入れる。入れる順番があるので確認すつこと。
 このほか、申請先や留学の種類などによって追加書類が必要になる場合があるので、事前にア
 メリカ大使館のウェブサイトで確認をすること。
■ 申請手続き
  ビザの申請と面接は、Fビザ、Mビザの場合は学校開始日の120日前から、Jビザは開始日前
  ならいつでもできる。面接予約は、面接日の3か月前から入れることができる。
 ① ビザ申請書類(クリアファイルに入れておく)がそろったら、アメリカ大使館または領事
   館にオンラインでの面接予約をする。   
 ② 面接日の3日前までにSEVIS費を支払う。
 ③ 予約指定面接日に全書類が入ったクリアファイルを持って面接を行う。
 ④ 面接修了後7~14日で返信用レターパック500(ビザ取得のパスポート)が送られてく
   る。
■ 渡米期間
 ● 学校が始まる前の渡米期間
   学生ビザ保有者はI-20に記載されている授業開始日の30日前以上前に米国に入国するこ
   とはできません。
 ● 学校が終了後の滞在期間
   F-1ビザ保有者はI-20に記載されている就業日から60日間米国に滞在できます。M-1ビ
   ザ保有者は1年間、またはI-20に記載されて終業日から30日間のいずれか短い期間とな
   ります。   
■ 在日米国大使館「学生ビザ」ウェブサイト     (http://japan.usembassy.gov)       
■  米国国務省のウェブサイト(日米教育委員会)  (educationusa.state.gov)                

三井住友VISAカード

格安航空券を比較

格安航空券

旅行予約のエクスペディア

[提供]
KEITOMO,Inc.