緊急事態が起こったら

■  「緊急事態」が発生したときの対処法
  不測の事態は、思いがけないときにやってくるもの。アクシデントが起こったら、まずは自
  分が落ち着いて、早く誰かに知らせましょう。日ごろから、自分の健康管理はもちろん、周
  りに住む人たちとコミュニケーションをとっておくことも大事です。
 ● 緊急時
  □ 国別緊急電話
   ◎ アメリカの緊急時には“911
      警察・消防・救急共通です。救急に関してはパブリック911とプライベートがあ
      り、プライベートは運搬してもらう病院を指定できます。電話帳で“ambulance”
      の項に記載されています。
   ◎ イギリスの緊急時には”999“(トリプル・ナイン)
     ダイヤルすれば、パトカーも消防署も救急車もやってきます。公衆電話でも、お金を
     入れなくてもつながります。大切なのは、どこで何が起きているか、正確に伝えるこ
     とです。急病などの場合は、言葉の問題もあるので、友達や隣人に頼んで電話をして
     もらいましょう。
   ◎ オーストラリアの緊急電話番号(Emergency Call)は“000”
 
    万が一、緊急事態が起こったときは、「000」をダイヤルして、まず警察
     (police)、消防(fire)、救急車(ambulance)のどれかを呼びたいかを伝え、地
     域名をいう。
     すぐに最寄りのステーションに転送してくれるので、落ち着いて住所と状況を伝え
     ます。
   ◎ カナダの緊急時は“911
     警察・消防・救急共通です。
   ◎ ニュージーランドの緊急時は“111
     警察・消防・救急共通です。
■ 盗難にあったら・・・・
  万が一、盗難の被害にあったら、すぐに警察に被害届けを出しましょう。また、路上で強盗
  に「金を出せ」と脅されたときは、おとなしく出したほうが無難(お金は財布以外にも入れ
  ておきましょう)です。
  保険の適用を受けたり、盗まれたパスポートを再発行したりするときは、警察の盗難届受理
  証(Theft Report)が必要になります。
■ T/Cやクレジットカードを紛失したら・・・・
  T/C(トラベラーズ・チェック)やクレジットカードなどをなくしたら、出来るだけ早く発
  行会社に連絡を取ります(前もって、必ず番号を控えておくこと)。
  再発行を希望する場合は、念のため、警察の紛失届受理証を持っていくこと。
■ パスポートをなくしたら・・・・
  もしパスポートをなくしたら、日本総領事館(Japanese Consulate)に届け出て、早急に
  発給の手続きを取ります。
  紛失時の旅券発給手続きには、発給申請書のほかに、盗難届、戸籍謄本(抄本)、警察等か
  らの証明書、写真2枚(タテ4.5mm×ヨコ3,5mm)などが必要です。
■ 落し物をしたら・・・・
  滞在先に着いたら、まず最寄りの警察署の所在地をチェックします。
  落し物をしたり、トラブルにあったりしたときに、必ずお世話になるからです。
■ 病気・ケガをしたら・・・・
  留学国の学校で病気・ケガをした時の対応を確認しておきましょう。医療センターがある学
  校では、そこで診察を受けることができます。
  また、日本で加入した保険会社の連絡先を確認しておきます。

三井住友VISAカード

格安航空券を比較

格安航空券

旅行予約のエクスペディア

アマゾンの書籍

[提供]
KEITOMO,Inc.