出発

 ♥♥飛行機に乗ると、もうそこは外国です。どんなところにもマナー・ルールがあります♥♥ 

機内に持ち込める荷物には荷物持込物制限、重量制限(20kgを超えると金額がかかります)がありますので、それを超える荷物は、事前に別便で送るなどの手配をします。手荷物のサイズや預ける荷物の重量については、利用する航空会社に確認しましょう。
■ 出発当日⇒できれば2時間前、余裕を持って飛行場に行き、「搭乗手続き」を行います。
  持参する荷物は4個。「首から紐で下げられる小さなショルダーバッグ」、「肩から紐で
  下げられるボストンバッグ」、「肩から紐で下げられるノート・パソコンバッグ」、「手で
  引いて歩けるトランク(できれば20kg)」です。
    まず、「黒のボールペン」、「パスポート」、「ビザ」、「航空券予約票かEチケット」、
  「入学許可証」、「預貯金残高証明」、「電話番号帳(日本・留学国での非常時に電話を
  かける先)」などの貴重品が入る「首から紐で下げられる小さなバッグ」。
  財布はなるべく身につけておきましょう。
  出発当日、空港には十分な余裕を持って、出発の2時間前までには着くようにします。搭乗
  までの手続きは、次のような手順でおこなわれます。
 ①  飛行場に着いたら(できれば2時間前)、自分が搭乗する
    航空会社のチェックイン・カウンターへ行きその前に並び
    ます。
  ○ 搭乗機No、座席種類(エコノミークラス、ファーストク
    ラス)の前に並ぶ。
  ○ 順番が来たら、パスポートと航空券予約票かEチケットを
    提出する(ここで指定座席を決めますので飛行機の前席
    とか後方席、窓側、内側を希望します)。
  ○ 席が決まったら、機内預け荷物(トランク、大きな荷物
    等)を預けます。
  ○ 手続きが済んだら、「パスポート」、「Boarding pass(搭乗券)」と「トランク等を
    預けた荷物のClaim tag(預り証)」、「1枚目が切り取られた残りの航空券または
    Eチケット」を受け取ります。
  ○ これで搭乗手続きは終了です。
 ② 機内持込み荷物(貴重品の入っている首掛けバッグ)(カメラ・身の回りに必要なものを
   入れた肩掛けボストンバッグ)(ノート・パソコン)は自分で持ち、出発まで時間があっ
   たらトイレ、軽食を取り、売店で買い物などをして出国の時間調整をします(用事が無
   ければ「出国ゲート口」へ)。⇒(ここで家族等の見送り人との別れとなります)。
 ③  出発1時間前には、必ず、「出国ゲート口」を入ります(形式上の出国となります)。
  ○ 「税関検査」を受けます
     (係官の指示に従い、「手荷物検査」と「出国審査」を受けます)
   □ 機内持ち込み手荷物と身体の貴金属探知検査を係官の指示に従い受けます。
     「手荷物検査」では、ペットボトル、チューブ入りの歯磨き、果物等持ち込み禁止の
     ものを持っていると没収されてしまいます。(液体物を客室に持ち込む場合には、液
     体物を100ml以内の個々の容器に入れ、さらに1ℓ以下のジッパー付きの無色透明
     プラスチック袋に入れなければならないなど、さまざまなルールがあるので、国土交
     通省のウェブサイトで確認すること)。チューブ入りの歯磨き、化粧品等はトランク
     に入れれば大丈夫です。
  ○ 「手荷物検査」が終わったら、そのまま進みます。
  ○ 「出国書類審査」を受けます。
    空港で出国まえに購入した免税品は、必ず機内持ち込み手荷物として税関の検査を受け
        ます。通関が終わる前に免税品の封を開けると、罰金が科せられるので要注意です。
   □ 係官にパスポートとVisa、Boarding pass(搭乗券)を出すと、パスポートに出国ス
     タンプを押して返してくれます。
  ○ 出国手続きは終わりました。

        ≪いよいよ出発です≫

 ④ Boarding passを見て搭乗ゲートを確認し、飛行機搭乗口へ
  ○ 自分が乗る飛行機の搭乗ゲートを確認して、飛行機への搭乗案内を待ちます。
  ○ 待つ間に、時間があったら免税品店が有るので女性であれば化粧品等を買えば税金分安
    く買えます。売っているものはすべて免税です(多少の土産品もあります)。
  ○ 搭乗が始まったら、Boarding passを出し、客室乗務員の指示に従って席につきます。

 (現地に出迎えを頼んだ人は、便が変更になったり出発が遅れることが分かったりした場
 合、できれば電話で連絡をしましょう。とくに、便が変更になったときは、分かった時点で、
 できる だけ速く現地に連絡をします。うまく現地と連絡が取れないときは、日本の家族や留
 学エー ジェントに伝言してから搭乗します)。

     国土交通省のウェブサイト  (www.mlit.go.jp/koku/03_information)

 ⑤ (飛行機搭乗中)
  ○ 日本から留学国へは飛行機の搭乗時間が長いので、機内では、エコノミー症候群になら
    ないように、手足や首を動かしたり通路を静かに歩いたり、トイレに行ったりしてリラ
            ックスしましょう。
  ○ 機内で税関申告書を渡されたら、機内で記入します(記入方法が分からない場合は、客
    室乗務員にたずねよう。税関申告書用紙がない場合も同じ)。

三井住友VISAカード

格安航空券を比較

格安航空券

旅行予約のエクスペディア

[提供]
KEITOMO,Inc.